オールインワンゲルはどんな肌質にも効果はあるのか

時間と費用の節約が出来るオールインワンゲルは人気が高く、敏感肌の人でも使用出来るような商品も出ている程、多くの人が利用できるようになっています。

しかし本当にどんな肌質にも効果を発揮するのでしょうか。

オールインワンゲルの効果のことならこちらをご活用ください。

敏感肌の人はちょっとした刺激に弱いため、敏感肌用のオールインワンゲルは刺激が弱く、保湿成分がたっぷりと配合されていることが特徴です。

そのため敏感肌の人でも使用すれば肌が潤ったりするなどの効果を期待することが出来ますが、もしかすると思っているような効果を実感できない敏感肌さんもいるかもしれません。



なぜならば、オールインワンゲルは1つで複数の化粧品の働きを担うことが出来る反面、それぞれの働きは劣ってしまう、ということがあるからです。

もともと化粧水は保湿、美容液は肌の栄養、乳液やクリームは油膜を張り各成分を閉じ込め、パックは特別な肌ケアといった働きを持ち、それぞれをライン使いすることで肌の調子を整えていました。しかしオールインワンゲルはこれら全ての働きを1つでになっているため、肌への浸透力はライン使いよりも劣ってしまうことがデメリットとして知られています。
そのため敏感肌さんが使用しても思うような効果を実感できていない場合は、長期間の使用による肌質の改善か、ライン使いでまずは肌質の改善をすることを選ぶと良いかもしれません。



また思うような効果を実感できていない場合は、オールインワンゲルのパック使いをしてみると特別な肌ケアが出来ますので、おすすめな方法ではあります。